ごあいさつ
蕪村生誕三百年記念事業の成功を期して
NPO法人近畿フォーラム21主催
                     蕪村生誕300年記念行事実行委員会 委員長
                     大阪市立大学大学院文学研究科教授
                           博士(文学)  村田 正博
 江戸時代の俳人 与謝蕪村は、江戸時代の半ば、享保元年(1716)に摂津の国東成郡毛馬村に生まれました。この文学史の上の事実は、私たちにとって、大いに注目されるところです。一つには、その生誕の地が、現在も大阪市都島区にその名を伝える「毛馬」であり、幾つかの俳句とともにその名を記憶していた蕪村という、いわば偉人的な存在に対して親近を感じる機縁となる点において。

 そうして、もう一つは、蕪村誕生より数えて、きたる2016年にはちょうど「三百年」を迎え、その遺業をしのび、そこに私たちの汲むべき現代的意義について考える、まことに佳き機会がめぐってくるという点においてであります。
 
 このことに思いをいたし、NPO法人近畿フォーラム(代表:池尻一寛氏)が中心となって、大阪府・大阪市・大阪市教育委員会・独立行政法人国際交流基金・公益法人関西大阪21世紀協会・学校法人追手門学院・日本書芸院・大阪文化団体連合会・大阪俳人クラブの後援のもとに、蕪村のふるさと毛馬に「蕪村公園」を開くとともに、「蕪村顕彰俳句大学」を開設。

 平素は大学で講筵をもたれている先生方にお願いして市民の皆さんに俳句についての理解を深めていただく「俳句歴史の面白さ講義」をひらき、ご好評を博するとともに、大阪で活躍しておられる俳人の先生方を招請、市民の皆さんの俳句の制作実地指導にも力を尽くしていただき、毎年、3月と9月の佳き日を卜して、優秀作品には大阪府知事賞・大阪市長賞をはじめ、昨2013年度より、独立行政法人国際交流基金理事長賞・公益法人関西大阪21世紀協会理事長賞を授与、さらに、最優秀句刻字プレートを蕪村公園に建立してまいりました。

 わけても、小学生・中学生諸君の制作にかかる俳句の進境もいちじるしく、とびっきりのその作品には大阪府知事賞・大阪市教育委員会委員長賞を授与し、ベテラン諸先達のみなさんとともに、新世代の成長に大きな期待を寄せております。

 きたる「蕪村生誕三百年記念事業」に向けて、これらの事業をさらに発展させてゆきたい存念でおりますことは申すまでもありませんが、「三百年」を迎える2016年を期してその実現を心に期していることがございます。

 その一つは、俳句の理解、俳句の制作を通して、大阪と世界をつなぐ一大句会を開きたいということです。多くの人々が世界平和を祈念しているにもかかわらず、政治の衝突、民族の紛争、宗教の軋轢など、日々の報道には胸が痛みます。そんな厳しい情勢のなか、これまで幾世紀にもわたって、決裂する国と国、対立する人と人をつないで、その心の和合をはかってきたものが、ほかでもない、「ことば」というものであります。たとえば、停戦の宣言や誓約書など、その端的な一例ですが、そこには力の関係や裏の画策もなくはなく、「ことば」の純粋な顕現とは言い切れない面もあるでしょう。

 では、文学のことばはどうでしょうか。敵性の文学として輸入や翻訳が禁じられても、文学は、国家や民族の壁を超えて、人と人とをその胸の深みにおいてつなぎ、平和を勝ち取る原動力となってきたことを思い起こしていただきたいと思います。
 
 俳句は、文学の中でも、最も親しみやすいもの。十七音節という極限のすがたは、そのぶん限りなく奥深いものであるのはもちろんですが、愛好する人々の支持という点では、和歌や詩、小説や物語の比ではないという事実があります。
 
 この俳句を通して、世界をつなぐことはできないものでしょうか。

 蕪村のふるさととして、この大阪から世界に向けて俳句の架け橋を架けわたして親善の輪を拡げる、その第一歩として、「蕪村生誕三百年」を記念する国際的な句会を開催したいと切望しております。

 もう一つ、蕪村その人の偉業をしのび、その人となりや俳句表現の工夫に思いをいたし、温故知新、もって現代の私どもの文化の進展を確かなものにしたいとの悲願をこめて、「蕪村生誕三百年」を記念するシンポジウムを開催したいと考えております。

 俳諧研究・文化史研究という側面はもちろん、江戸期から明治期にかけての毛馬の地の変貌、そうして、この毛馬の地を、俳句を一つのキーワードとして、世代や国境を越えての文化の発信地とする可能性をさぐる―、そんな叡智に耳を傾けるとともに、ひろくアイデアをつのる、毛馬の街おこしの起爆剤とすることはできないかと、企画を練っております。

  「蕪村生誕三百年」を期して、皆さまに喜んでいただける「記念事業」の実現をはかってゆくには、まず、お力をお貸しくださる皆さまとともに夢を大きくふくらませることから始めたいと思います。上に記しましたのは、その一例に過ぎません。

 この「記念事業」の活動が実を結びますために、なによりも願われますのは、ともに夢を語り、その実現へとひた走る、しなやかな青年の力、ねばりづよい熟年の知恵の集結―、与謝蕪村という、三百年の昔、この大阪に生をう稟けた文学者に思いを寄せる同志としてのうるわしい協賛にほかなりません。

 この事業に対しまして惜しみなきお心寄せとお力添えをたまわりますよう、こころよりお願い申し上げる次第です。

-------------------------- 英訳 --------------------------
For The Upcoming Events of Buson's 300th Anniversary
NPO Kinki Forum 21
Buson's 300th Anniversary Committee Chairman
Professor of Osaka City University, MURATA Masahiro
YOSA Buson, one of the most famous haiku poets in Edo era, was born in Kema village in 1716. We consider this fact to be worth mentioning; for one thing, his birth place "Kema", which occasionally appears in his haiku, still bears its name up to this date, making this great poet and his works somehow familiar us to; as for another, the upcoming year 2016 will mark his 300th birth anniversary, so there would not be a better opportunity for general public to appreciate and commemorate his life.
We NPO Kinki Forum 21 have been carrying out some projects for this memorable occasion, with the aid of Osaka Prefecture, Osaka City, Osaka City Educational Committee, Otemon Gakuin Educational Foundation, just to name a few. The foundation of "Buson Kensho Haiku Academy" is one of those projects. In this Academy, we offer some educational programs for general public, where they can learn history of haiku or even make one with experts' guidance. Every year, in March and September, we give awards such as Osaka Mayor's Award and Osaka Governor's Award to the students' excellent works. In 2013, President of Japan Foundation Award was added to this award series, as one for applicants from overseas. Since more and more younger generations are showing interest in haiku, we also prepare awards for them, hoping those younger generations will pass this wonderful art to next generations. Thanks to the publisher "Bungaku no Mori", which publishes a monthly haiku magazine called Haiku-kai, we are now able to hold a nationwide haiku contest as well. All those award winning works have been honored on monuments built in Buson Park, Kema. To our great delight, our projects are now attracting even more attention from far and wide.
Now, as another project for the 300th anniversary events, we are planning to hold a worldwide haiku conference, which shall connect Osaka and the world via haiku art. Today, despite many people wishing for world peace, there always have been piles of international problems such as political collisions, or religion discordance. Still, words have always been playing a vital role to connect people. Words have varieties of representation and they sometimes connote power or plot. At the same time, words such as in literature have been the motive power to win peace, beyond national and tribal barriers. Haiku is one of the easiest forms of literature. The ultimate form of seventeen syllables is far in advance in the number of appreciators comparing to other literal forms, as well as in its simple profundity. It is from these perspectives that we are aspiring to hold an international haiku conference in Buson's birthplace in Osaka, aiming to strengthen the worldwide friendship.
Along with the conference, we are also planning to hold a symposium to celebrate for Buson's 300 years anniversary, whose focus will be wide-ranging: Buson's life, works, haiku in general - or Kema, the birth place of Buson. Though this very place is not a popular site right now, it has a potential of becoming a "bridge", which not only connect the past poet and present public, but also all haiku lovers around the world. For now we are earnestly exploring ideas and ways to revitalize this historic, undiscovered site.
In order to carry out these projects successfully, we would like to encourage our supporters to keep on dreaming a bigger dream, as the above-mentioned projects are our dream waiting to be a reality. Let us then exchange our dreams, go hand in hand, and make them come true.
We hope more and more friends will join us and help us carry out our mission. Thank you.

Translated by Haruka NODA (M.A. in Literature and Human Sciences, Osaka City University)

 
ご挨拶
主催:NPO法人近畿フォーラム21
                            理事長   池尻 一寛
 世に3,000もの俳句を残したとされる与謝蕪村は、江戸時代を代表する俳人・画家であるとともに、松尾芭蕉や小林一茶と並び称されるほどの俳人でありながら、大阪の毛馬の生まれであることは意外と知られていません。

 そこで、平成22年、大阪市が毛馬桜之宮公園を整備した際、蕪村が大阪出身であることを市民に誇りに思ってもらえるよう、整備した蕪村公園に、蕪村の功績を称えるため13基の句碑を設置しました。

 この機会に、NPO法人近畿フォーラム21は、それまで続けてきた「まちづくり」中心の活動から、同年に「蕪村顕彰俳句大学」を設立し、関西の著名な俳人や大学教授などの有識者を講師に招いて開講し、文化活動に力を傾注し始めました。

 「蕪村顕彰俳句大学」が大阪の文化振興に大変意義があることから、大阪府やその他の団体とともに同講座受講生の優秀作品への賞を授与するなどのサポートを行って頂き、講座も第8期4年を終え、益々隆盛をみているところです。しかも、7期(奇数期)からは兜カ學の森と共催事業とし、全国から奇数期に作品募集し、「全国蕪村俳句大会」を実施し始めました。

 また、フォーラムでは、平成28年に蕪村生誕300周年を迎えるのに合わせて、「生誕300年記念事業実行員会」を立ち上げ、事業拡大を図っていくこととしているほか、「国際俳句蕪村賞」を核に、諸外国とも国際的に俳句を通じた交流を進めています。

 更に注目して頂きたいのは、フォーラム21が「俳句づくり」を基本に高齢社会に於ける地域福祉、まちづくりに貢献しようという先駆的事業に取り組みを進めていることです。知識と経験に豊富な高齢者が、深遠な日本語を駆使して「俳句づくり」に挑み、新しい生甲斐を満喫するという場を提供し、同世代間の連携を深める目的は、これに勝る文化振興は無いものと信じています。

 このように、NPO法人近畿フォーラム21が主宰する「蕪村顕彰俳句大学」は、大阪の高齢社会において重要な役割を担うとともに、大阪ゆかりの俳人である与謝蕪村を顕彰することで、大阪での文化の普及・発展に大いに寄与していく事業にしたいと考えております。

 これからは、特に「蕪村生誕300年記念」に全力を挙げて参ります。こうしてWebも立ち上げ、我が国で初めての「蕪村生誕記念事業」の独特な企画をお知らせて参ります。

 どうか、5・7・5の世界最短の詩を世界に発信しながら日本語の意味の深さを学んで頂くと同時に、知識と経験に豊富な高齢者に俳句作りに大いに挑んで頂きながら、2年後の蕪村生誕記念行事の際には、是非ともご参加して頂きますよう伏してお願い致します。 以上
-------------------------- 英訳 --------------------------
Greetings
Kazuhiro IKEJIRI, the president of NPO Kinki Forum 21
YOSA Buson (1716-1784) is one of the famous haiku poets who left thousands of haiku in Edo era. Though he is often rated on par with MATSUO Basho (1644-1694) and KOBAYASHI Issa (1763-1828), the fact he was born in Kema, Osaka, has been poorly recognized.
In 2010, we NPO Kinki Forum 21 have constructed 13 monuments in Buson Park, in hope that more people would be proud of sharing the same hometown with the master of haiku art. Since then, we have been putting our focus more on cultural activities, such as hosting Buson Kensho Haiku Academy, inviting modern haiku poets and professors. Fortunately, lots of organizations including Osaka Prefecture have been warmly supporting our activities. Now the Academy has completed the 8th semester and been attracting more and more interests and concerns. Every year we put out a call for haiku works and give awards for excellent works. The year 2016 being the 300th the anniversary of Buson's birth, we have created a committee for it, promoting a variety of projects not only domestic but also international ones such as "International Haiku Buson Awards". Plus, we are concerned to our community as an aged society, embracing elderlies of knowledge and experience. An opportunity to create haiku, using their knowledge of language and skills, may help the elderlies find new interests or new friends. It would be wonderful if the haiku art help people to find a new goal of life.
Thus, NPO Kinki Forum 21 and its Buson Kensho Haiku Academy would like to be a help to develop our city Osaka, by sharing joy of haiku art and appreciating the haiku poet Buson. On our website, we will keep on providing our latest news for Buson Anniversary Project. We will be very grateful if you join us with our anniversary project events.

Translated by Haruka NODA (M.A. in Literature and Human Sciences, Osaka City University)



<お問い合わせ先> NPO法人近畿フォーラム21 事務局 電話/FAX (06)6928−9773
Copyright(C) 2014 蕪村顕彰俳句大学 All Rights Reserved.