蕪村生誕三百年記念シンポジウム
<主催> NPO法人近畿フォーラム21
蕪村顕彰俳句大学
蕪村生誕三百年記念事業実行委員会
日時) 平成28年 5月1日(日)
     13時〜16時30分

場所) 大阪市立都島区民センター 1階ホール 大阪市都島区中野町 2-16-25
●JR大阪駅より 市バス78系統(守口車庫行き)乗車、
都島区役所下車、徒歩1分
●地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」、
JR環状線「京橋」下車 徒歩10分
●JR環状線「桜ノ宮」・東西線「大阪城北詰」下車 徒歩10分
●地下鉄谷町線「都島」下車 徒歩15分
定員300名
参加費) 1,000円 (学生 無料)
■蕪村生誕三百年記念 シンポジウム プログラム
〈司   会〉 本田 勝次(NPO法人近畿フォーラム21 理事)
〈開会挨拶〉 川原 俊明(蕪村顕彰俳句大学学長 弁護士)

◆第1部 講 演

村田 正博「いにしえの毛馬を求めて」

 蕪村が毛馬の生まれで、少年時代、春色清和の日には「毛馬塘」(けまづつみ)に登って遊んだことを、その代表作「春風馬堤曲」(安永6年、1777)とそれに関する書簡(同年2月)から知ることができます。ところが、淀川の河川改良工事(明治29年〜32年、1896~1899)によって、地形が大きく変わりました。いにしえの毛馬のおもかげを求めることはできないか―、そう思案していたところ、淀川河川事務所のご厚意で、改良工事以前の地形図を見せていただく機会を得ました。それによって、いにしえの毛馬の様子をどこまで知ることができるか、ご一緒に考えたいと思います。

山尾 玉藻「俳句に感謝」
                                           
 私の父 岡本圭岳は、大阪船場に生まれ、十六歳で正岡子規の謦咳にふれ、それを誇りに業俳人として生涯を俳句一筋で貫きました。ご存知のように正岡子規は俳句に革新を唱えた大いなる貢献者ですが、同時に俳壇において与謝蕪村を高く再評価した人でもあります。子規を生涯の師と仰ぎ続けた父もまた蕪村作品を敬愛し、娘の私の名を玉藻と命名しましたのも蕪村選集『玉藻集』に因んでおります。蕪村顕彰俳句大学で講師をつとめさせていただくことに、私は何かしら浅からぬご縁を感じております。蕪村生誕三百年の佳節を契機として、さらに多くの皆さんに俳句へのご関心を深めていただきたく、俳句を実作する楽しさと、有り難さを中心にお話しします。

◆第2部 対 談:「蕪村へ、そして蕪村から」

山尾 玉藻  柴田 多鶴子(鳰の子主宰)  大橋 晄(雨月主宰)  村田 正博  本田 勝次(司会)


― 休 憩 ―


◆第3部 講 演

小林 孔「蕪村 語りを描く ― 奥の細道画巻の発想 ―」 
          
 蕪村の画・俳の大成期とされる安永後期成立の「奥の細道画巻」を、どのように読み、いかに評価することができるのか、私見を示したいと思います。蕪村が選んだテキストは、明和本と称される『奥の細道』の版本です。この本の中にも画巻作成のヒントが隠されていました。そして、蕪村の創作には、書写をする文字にも変化をもたせながら、どこに、どのような構図を配し、たとえば、作中人物にそこで何を語らせるのかにも、周到なねらいがあったようです。画文が織りなす[奥の細道物語画巻]の世界を、遊び心をもって読み解いてみましょう。

〈閉会挨拶〉 池尻 一寛(NPO法人近畿フォーラム21 理事長)



《講演者プロフィール》

村田 正博

1951年、京都市生まれ。大阪市立大学 大学院 文学研究院 教授。博士(文学)。
専門:萬葉集を中心とする和歌文学、およびその享受をめぐって、仙覺、子規など。
著作:『萬葉の歌人とその表現』(2003年、清文堂)、「子規初学 ―和歌史再生その前夜―」(文学史研究46、2006年)ほか。

山尾 玉藻

1944年、大阪市生まれ。俳句結社「火星」主宰、月刊俳誌『火星』発行。俳人協会幹事。
大阪俳人クラブ常任理事。日本文藝家協会会員。朝日カルチャー講師。蕪村顕彰大学講師。
著作:句集『唄ひとつ』(1990年、本阿弥書店)、句集『鴨鍋のさめて』(1996年、本阿弥書店)、
『自註句集・山尾玉藻集』(2001年、俳人協会)、句集『かはほり』(2006年、(ふらんす堂)、
句集『人の香』(2016年、角川書店)ほか。

小林 孔

1963年、新潟県上越市生まれ。大阪城南女子短期大学教授。
専門:俳文学、および俳諧史。第8回柿衞賞受賞(1999.6)。
著作:「『奥の細道』の展開 ― 曾良本墨訂前後 」(季刊 文学 第9巻2号、1998年)、   
「丹後地方の俳諧一枚摺」(文学 第6巻2号、2005年[隔月刊])ほか。
※詳細はホームページで随時お知らせいたします。


<お問い合わせ先> NPO法人近畿フォーラム21 事務局 電話/FAX (06)6928−9773
Copyright(C) 2014 蕪村顕彰俳句大学 All Rights Reserved.